■  摂取カロリーと消費カロリー



  1kgの水の温度を1℃上昇させる為に必要な得エネルギー
  や食物のもつエネルギーの単位をカロリーと呼びます。
  食べ物で体内に入れるエネルギーを「摂取カロリー」、
  心臓や呼吸器などを動かすときに必要なエネルギーや歩く・
  立つ・運動する・勉強するなどに要するエネルギーを「消費
  カロリー」と読んでいます。単純に考えて、健康を維持する
  には、摂取カロリー≦消費カロリーであれば、健康を害すこ
  とやメタボリックシンドロームに悩まされる事もありません。

  理想を言えば、摂取カロリー<消費カロリーですね。
  食べ物から体内に入るエネルギーは「炭水化物」「たんぱく
  質」「脂肪」「糖質」以上の4つのみです。果物のビタミン
  やミネラルにはエネルギーは含まれません。では、摂取カロ
  リーで気をつける必要があるのが、まず、炭水化物の摂り過ぎ
  です。昼食も夕食も「麺類+丼物」なんて食事をすればあっと
  いう間に高カロリーですよ。お茶碗1杯のご飯が通常約190
  Kcalと言われています。丼物の場合は約470kcal・・
  これを運動で消費しようとすると、体型にもよりますが、
  普通の速さでウォーキングを約2時間半かかります。
  気が遠くなりますよね。私達は、運動以外にも、話しをしたり、
  座ったり、立ったり、パソコンを打つ、ご飯を食べる、呼吸を
  する、血液を循環させると、生きているだけ、普通の生活を
  するだけで、エネルギーを消費しています。これを「基礎代謝」
  と言います。

  基礎代謝+運動などで消費する消費カロリーが摂取カロリーを
  上回ればよいということになります。肥満を防ぐ仕組みは意外
  と簡単ですね。実行はまた別ですが・・・。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 日常生活の中で
  ★ 甘い物編
  ★ レコーディングダイエット
  ★ お役立ちレシピ